利用対象者一覧

介護保険事業

サービス 利用対象者 内容
「施設に入所したい」
介護老人福祉施設
特別養護老人ホーム
要介護3~5の方で常時介護を必要とする在宅での生活が困難な方 可能な部分はご自分でできるよう自立を支援し、介護が必要な部分をお手伝いする生活施設です。
介護が必要となってもその方らしい生活が営めるよう支援致します。
「短期施設に泊まりたい」
短期入所生活介護
ショートステイ
● 介護給付対象者の方
(要介護1~要介護5)
● 予防給付対象者の方
(要支援1~要支援2)
心身の虚弱な高齢者を在宅で介護しているご家族が、一時的に介護できない時に、いつでも安心して利用いただけます。
また、身体機能維持のための機能訓練や、レクリエーション等も行っております。
【部屋数:個室8、多床室6(2人部屋) 合計20床】
「介護保険の在宅サービスを受けたい」
居宅介護支援
ケアマネジメント/プラン作成
● 居宅介護支援
⇒要介護1~要介護5の方
● 居宅介護予防
⇒要支援1~要支援2の方

事業所所属の介護支援専門員(ケアマネージャー)が担当いたします。

【居宅介護支援】
病気や障害にて介護を必要とされる方が在宅で安心して生活できるよう、介護支援専門員(ケアマネージャー)がご本人の体調や身体状況を判断し、家庭環境やご本人の希望を考慮しながら在宅サービスの利用をサポートします。
【介護予防支援】
要介護状態とならないよう、在宅サービスの利用をサポートします。
地域包括支援センターが中心となり、サービスを提供いたします。
詳しくは地域包括支援センターまでお問い合わせ下さい。

「通所で介護や入浴を受けたい」
通所介護
ふれあいホール
● 介護給付対象者の方
(要介護1~要介護5)
● 予防給付対象者の方
(要支援1~要支援2)
在宅で介護をされている家族の方への精神的・身体的な負担の軽減と、参加利用者の趣味・生きがいづくりのために、一日単位で通所し、様々なレクリエーションを行っています。

【送迎】送迎を希望される方には専用車輌にて玄関まで送迎することも出来ます。
【食事】当センターにて調整し、必要な食事サービスの提供を行います。
【生活相談】センターでの食事に関する相談の他、家庭での介護方法などいつでも相談に応じるようにいたします。

尚、希望者には入浴及び機能訓練を行うことが出来ます。
「認知症の方の専門の介護を受けたい」
認知症対応型通所介護
くつろぎの間
● 介護給付対象者の方
(要介護1~要介護5)
● 予防給付対象者の方
(要支援1~要支援2)
認知症高齢者を抱える家族の方へ介護負担軽減のため、また利用者の方の精神的安定保持のために、一日単位で通所し、様々なレクリエーションを行っています。

 【送迎】送迎を希望される方には専用車輌にて玄関まで送迎することも出来ます。
【食事】当センターにて調整し、必要な食事サービスの提供を行います。
 【生活相談】センターでの食事に関する相談の他、家庭での介護方法などいつでも相談に応じるようにいたします。

尚、希望者には入浴及び機能訓練を行うことが出来ます。
「通所し友人づくりがしたい」
通所型サービス(緩和型)
熟年ふれあいセンター
江戸川区にお住まいの65歳以上の方で、身体が虚弱なためにご自分で外出をする機会が少ない方や、自宅に引きこもりがちな方など 介護予防体操や民謡、リズムダンス、革細工、和紙工芸、地域散策など、曜日によってさまざまな活動プログラムがあります。
また、昼食はなぎさ和楽苑から栄養バランスのとれたお食事をセンターまでお届けします。
「介護予防のための運動がしたい」
通所型サービス(緩和型)
いきいきトレーニング
江戸川区にお住まいの65歳以上の方で、介護保険に該当せず、二次予防事業対象者と決定された方 利用者個々の身体状況をふまえ、「個別トレーニング計画」を作成し、「運動器の機能向上」のための効果的なトレーニング指導を行います。
おおむね6ヶ月を1クールととらえ、節目ごとに評価を行い適切な支援を行います。
「ベッドや車いすを借りたい」
福祉用具貸与
● 介護給付対象者の方  (要介護1~要介護5)
● 予防給付対象者の方  (要支援1~要支援2)
福祉用具の提供を支援することによって、一人一人が自立し安心した生活が送れることを目指しています。
貸与品目の配送、組み立て、修理、引き取り、使用方法の説明等は、「ライフネット株式会社」に委託することとし、相互に連携を取りながら円滑なサービス提供に努めるものとします。
また、貸与品目の保管・消毒については「株式会社日本ケアサプライ」に委託することとし、安全で衛生的な管理に努めることとします。
「自宅でヘルパーの支援を受けたい」
訪問介護
ヘルパーステーション
● 介護給付対象者の方  (要介護1~要介護5)
● 予防給付対象者の方  (要支援1~要支援2)
在宅で生活している要介護者に対し、その心身の特性をふまえた上で自立生活が営めるよう、入浴・排泄・食事等の身体介護や、買い物・洗濯・掃除等の生活援助を行います。
なぎさ和楽苑では、高齢者が自分の意志で自分の生活、サービスを選択し、住みなれた地域で生活を継続できる体制づくりに努め、利用者本位のサービス提供を目指しています。介護経験が豊富なスタッフでご対応致します。
「自宅で看護やリハビリを受けたい」
訪問看護
訪問看護ステーション
● 介護給付対象者の方  (要介護1~要介護5)
● 予防給付対象者の方  (要支援1~要支援2)
病気や障害を持った方でも住み慣れたお家や地域の中で、心地良く、安心して生活が送れるよう、かかりつけ医師(主治医)との連絡をとりながらご自宅に訪問して看護や介護、リハビリテーションについて、ご相談・お手伝いをいたします。

ご相談窓口・支援事業

サービス利用対象者内容
「介護についての様々な相談がしたい」
熟年相談室 地域包括支援センター
在宅で生活をしている熟年者及び、介護者の方主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師などの専門職がチームとなって熟年者の皆さんの支援を行なう相談機関で、江戸川区からの委託を受けて運営しています。介護保険に伴うサービス、江戸川区で行っているサービス、「福祉」に関わるすべての事柄についてのご相談を承っております。尚、秘密は厳守いたします。 お気軽にご相談ください。
「介護についての様々な相談がしたい」
熟年相談室 東葛西地域包括支援センター
「お弁当を届けて欲しい」
虚弱者向け配食 ぬくもり配食
江戸川区にお住まいの在宅で生活する一人暮らしの熟年者の方で、普通食が召し上がれない方なぎさ和楽苑の管理栄養士が作成したメニューにもとづき、熟年者向けの食事を提供することができます。
どうぞお気軽にご利用ください。
食事内容は、お粥やキザミ、ソフト食など、対象の方の状態に合わせたお食事で、保温食器を利用してお届けいたします。
なぎさ和楽苑の配食スタッフ、及び配食協力ボランティアにより、お弁当(昼食・夕食)をお届けします。
また、スタッフとのふれあいにより、不安感や孤独感を解消します。
「診察を受けたい」
保険医療機関 博愛ホーム診療所
-博愛ホーム診療所は、保険医療機関の指定のもとに、一般の診療所として地域医療に貢献しています。
松野医師は常勤医として、なぎさ和楽苑で生活されている全ての利用者のホームドクター(主治医)でもあり、すぐに診てもらえる体制が整備されています。
また、終末看護(ターミナルケア)を実施しているなぎさ和楽苑にとっては、併設の診療所として医療面で果たす役割は大きく、保健・医療・福祉の総合的介護サービスの一翼を担っています。
介護保険上は、みなし指定に基づき、 「居宅療養管理指導」・「訪問看護」 「訪問リハビリテーション」の居宅サービス事業として、指定を受けております。
「軽費老人ホームで生活したい」
都市型軽費老人ホーム JOY なぎさ
1.60歳以上の方で、低所得で江戸川区に1年以上居住し、住民登録のある方
2.身元保証人が得られる方
3.財産管理及び日常の金銭管理について判断能力に関連した問題がなく、自己管理ができる方
4.身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことに不安がある方
5.感染症がなく、かつ、医療について自己管理できる方
6.問題行動を伴わない方で共同生活が可能な方
7.家族の住居の状況など、現在置かれている環境下では在宅生活を継続することが困難な方
低額な料金で、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことについて不安がある方や家族による援助を受けることが困難な方が、安心して生き生きと明るく生活できる施設です。
集団での生活の中で、食事の提供や入浴の準備、生活の見守りを行います。

その他

サービス対象者 内容
フリーサロンあしたば
(若年性認知症専門デイサービス)
65歳未満の若年性認知症者
● 原則、江戸川区在住
● アルツハイマー病及び高次脳機能障害
若年性認知症専門のデイサービスです。
通所日当日に利用者の皆さんとスタッフが、その日の過ごし方を相談して決めるフリースタイル形式での活動を行っています。
少人数で、お一人お一人のご状態やご希望に合わせた活動を行うことで、ご利用者様の社会参加意欲に応え、楽しく過ごして頂けるよう支援いたします。

文字サイズ変更

なぎさ和楽苑
TEL:03-3675-1201
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西8-1-1
アクセス
メールでのお問合せ

Copyright (C) なぎさ和楽苑 All Rights Reserved.