若年性認知症について

64歳以下で発症し、診断までに時間がかかる事が多いといわれる若年性認知症。

認知症は高齢者だけが患うものではなく、若い世代でも認知症になる事があります。
64歳以下の人が認知症と診断されると、若年性認知症と呼ばれるようになります。
物忘れが出始め、仕事や生活に支障をきたすようになっても、まだ若いという思いで認知症であるとは気付かなかったり、病院で診察を受けても、うつ病や更年期障害などと間違われることもあり、診断までに時間がかかってしまうケースが多く見られます。

なぎさ和楽苑では若年性認知症の方への様々なご支援を行っております。
気になる症状がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

若年性認知症支援事業に関するご相談・お問い合わせ

03-3675-1236
月~土 9:00~18:00

*サービスご利用希望の方は、ご見学の調整を致しますので、ご相談下さい。

文字サイズ変更

あしたば通信No18

なぎさ和楽苑
TEL:03-3675-1201
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西8-1-1
アクセス
メールでのお問合せ

Copyright (C) なぎさ和楽苑 All Rights Reserved.